スポンサーリンク

手術して後悔なし?90万もかけてワキガを治す意義

ワキガ問題
スポンサーリンク

こんちくは~ニイナだすっ!

本日のテーマは、

手術して悔いは無い?90万もかけてワキガを治す意義

わしワキガ手術に総額90万かけたことに最近気付いたねん。(気付くの遅っ)

んでそのこと話すとさ、

「そんなに大金かけて手術しなくて良かったんじゃない?」

て結構言われる。

そこで、果たしてその価値があったのか考察してみた。

スポンサーリンク

総額90万円の概要

1回目

ミラドライ:40万円

2回目

ミラドライ:20万円(↑のときに保険かけてたから半額)

3回目

超音波+ローラークランプ法:30万円

手術して大正解でした。

手術に悔いなんぞない。

何故なら

多大なストレスから解放されたから。

電車に乗ってるときも、

運動した後でも、

バイト中でも、

「私今クサいかな…?」

って心配しなくて良い。

手術する前は四六時中ニオってないか頭がいっぱいで、本っっ当ストレスだった。

だってさ、自分が「歩く公害」だって考えてみ?

自分の存在だけで他人を不快にさせてしまうってまじで申し訳ない。

この一生分の辛さを90万円で解消できるなら安いもんだ。

90万円で、幸せを買いました

わしはストレスから解放されるために手術した。

じゃけんじょ、手術はそれ以上のものをもたらしてくれた。

幸福だ。

悩みから解放されたことで、

・女性として自信が付いた

好きな人に接近できる

・汗をかくのが怖くない

・夏が大好きになる etc…

当たり前のことを楽しめるという「幸福」を身に染みて感じられる。

注意!手術の成功・失敗は気持ちの問題

だがね、手術費用はアポクリン汗腺の除去代というよりも、

不安を除去するために支払う

という意識を忘れないでほしい。

ワキガ手術は美容整形と似ている。

1回目の手術でニオイが無くなったとしても、「クサい」って思い込んだら手術は意味のないものになる。

逆に効果が薄くても、「効果があった」と思い込んだら成功したことであり、その人は幸せな人生を送るだろう。

わしは前者タイプだったから3回も手術をした。

手術しないと「自分クサいかも」と不安に一生縛られることが目に見えてた。

「手術する必要ないよ」

と言われることが分かってたから、3回目はあえて誰にも相談してない。

結局、わしは手術をして不安から解放されたから後悔なんぞない。

30万円を払う価値はあったと思っている。

貴方が手術に求めるものは?

ワキガ手術で自分は何を除去するのか

そこにその人にとっての手術の意義がある。

だから成功も、失敗も、全ては自分次第。

同じ手術をして、

「汗腺除去できたぜハッピー」てなる人もいる。

一方で「私はまだクサい」と汗腺は除去できても不安を消し去れない人もいる。

本人が納得しないと意味が無いから正解なんぞない。

このことをよく考えて手術を検討してほしい

効果を客観的に図ることができないからしょうがないよね。

ほんじゃ今日はここらで。バイビ~。