スポンサーリンク

ワキガの子を持つ親ができること

ワキガ問題
スポンサーリンク

こんちくは~ニイナだすっ!

本日のテーマは、

ワキガの子を持つ親ができること

このテーマを書いた訳は、

「ワキガ」って検索したら、「ワキガの子を持つ母です…」っていう相談のページが沢山!

 だったから。

ということで一応全ワキガの子代表として、親にしてほしいことをまとめました。

(完全に私の希望だが)

スポンサーリンク

自分がワキガだと教えてほしい

基本的なことだけど、

教えてもらわないと自分がなぜ臭いのかが分からない。

早い段階であなたはワキガだと伝えた上で、

ワキガとは何か、どんな影響があるのか、対策の仕方等

を教えてあげてくなっし~。

私の場合は小学3・4年生頃に

「あんたのワキはクサいから気をつけないかん」

ってマミーに指摘された。

私は自分のニオイが分からない人だったから、本当ありがたかった。

そしてマミーはワキガが何であるかも教育してくれました。

もし何も教わってなかったらと考えると恐怖…。

クサいときは正直に言ってほしい

ワキガには自分の臭いが分からない人と、分かる人がいる。

分かる人は大丈夫なんだが、分からない子にはちゃんと言ってほしい。

聞かれた場合はね。

だってどれだけ汗かいたら自分がニオうのかを知ることは大事だども、

自分のニオイが分からない人はそれができない。

周囲の仕草や反応から判断するしかないのだ。

でもワキガのことを知っている親は、

「私今ニオってる?」と聞ける唯一の相手!

だからそこは正直に判断してほしい。

わしはまさに自分の臭いが分からない人で本当に苦労した。

だからマミーによく聞いてたんだが、

「そんなにニオってないよ~」

ってたまに言ってた。(優しい嘘をありがとう)

確かにクサいと言われたら落ち込むが、変に嘘をつかなくても大丈夫だろう。

手術を受けさしてほしい

本人の希望次第で、手術という選択肢を出してくれると大変嬉しいずら。

もちろん金銭面で問題ないのであればっす。

そして手術の意思を確認したら、まず病院に連れて行くことを強くお勧めします。

ネットよりも直接聞いた方がよく分かるし、患者を何人も診てきてるから的確に子どもの状態を判断してくれる。

医者の話を聞いた上で何の手術にするのか子どもと検討すると良いと思われ。

金銭面の問題だが、わしは一回目の手術はマミーに出してもらった。

マミーの主張としては、「1回目は親の義務かな~」だそう。

もちろん2回目と3回目のの手術費用は自分持ち。

手術は金銭面の負担が大きいっす!

だからもし余裕があるのならば、子どもとしては手術の選択肢を提示してくれると大変ありがたいっす~。

相談相手になって励ましてほしい

「今は辛いかもしれないけど、この先良いことが沢山待ってるよ」

って励ましてほしい。

大人になったら、自分次第でいろんな未来があるって分かるようになるけど、

子どものときは本当にそれが分からない。

私はワキガのせいで先が見えなく、毎日のことで頭がいっぱいだった。

明るい未来なんて自分にはないって思ってたし、出口のないトンネルにいるようでどれだけ辛かったことか。

友達に相談だなんてできないし。

だから子どもの相談にのり、未来は明るいと励ましてほしい。

とか言ってるだども、私は親に相談してなかった。

毎日の辛いこととかこんなことされたとか、親には言えないもん。

でも、マミーは何かあるごとにポジティブなこと言って私を励ましてくれたワン。

そしてニオイチェックにも協力してくれたし。笑

まとめ

だいたいこの4つがワキガの子どもにしてあげられることかしら。

でも完全に私の場合だから、他の子は何を思ってるのかわしゃ知らんずら。

でも、参考までにしてくだしゃい。

ほんじゃ今日はここらへんで。バイビ~。

コメント